産直や蔵肆 量から質の時代へ

「食べ方は生き方」をスローガンに、無農薬、有機栽培、無施肥栽培など地元の野菜中心に約2000アイテムを扱う自然食のお店です。生産者との交流、お野菜セットの宅配、料理教室などもやってま〜す。
馬場水車場の「おせんこう」入荷デス
こんにちわ。産直や蔵肆です。

馬場水車場の「おせんこう」のご紹介です。

baba_senkou.jpg

線香にもあれこれあって、大きく分けると香り線香と杉線香の二種類。

ベースは一緒なのですが、結着剤である「タブ粉」に香木の粉末を練りこんで固めたものが「香り線香」、杉の葉を主に使ったものが「杉線香」です。蚊取り線香なんかも、杉線香の仲間になります。

この「馬場水車場のお香」、原材料は奥八女の杉葉、そしてタブ葉。これを水車の動力を使い長臼で微粉末にしてお線香に仕上げています。


八女の水車製粉、はじまりは1918(大正7年)だそうです。八女の豊かな水資源と森林資源、そして熟練の水車大工の技術をバックに「線香粉製造」という集落あげてのビジネスに乗り出しました。当時のお金で2630円。現在で言うと約6000万円相当。

もちろん、一軒の家でまなかえる金額でもなく、八重谷集落の人々が出し合って水車場を完成させました。最盛期には八女地方に約40軒ほどあったといわれる水車製粉業者。当時は、あちあらこちらで、米の精米、小麦の製粉などさまざまな用途に使われていたのでしょうね。残念ながら今では、製粉場の動力はほぼ電気モーターとなっています。


しかし、馬場さんがこの手間のかかる水車を使い続ける理由。それは「第一次オイルショック」がきっかけでした。つい昨年にもあった石油危機。原因はさまざまですが、「再生可能な地域資源の継続的利用」が可能である、という点で水車動力は八女地方にもっとも適した動力だといえます。

また、原料となる杉の葉。ご存知のように八女地方は林業が盛んで、中山間地では農業と林業の兼業が普通でした。
その杉の木を切り出す時に邪魔になるのが枝葉です。山で伐採した際に、枝葉を落としてしまいます。つまり、木を切り出した際、そこに残った枝葉を馬場さんが片付ける、という流れなのです。ちなみに、曲がった木や間伐材などは、下駄の材料などになっていたようですね。


地元の材料を使い、地元の動力を使い、そして、そこから産み出される生産物を使い続けること。それが我々消費者のできること、だと思います。



もちろん、着色料(青くないです。杉の葉っぱは枯れたら茶色ですよー)、保存料(昔の線香は白いカビがきてましたね。防カビ材も燃えて空気中に拡散します)、結着材はタブ粉(正直もろいです)のみです。もちろん香料もつけていません。


そろそろ衣替えの季節です。同じく、瀬高で頑張っておられる内野さんの「天然樟脳」(日本ではここだけになりました)と一緒にお使いいただければ幸いです。店頭で見かけたら、ぜひ手におとりください。
つるひさ | permalink | - | - | △TOP |
初しぼりのワイン、入荷です。
こんにちわ。産直や蔵肆です。


蔵肆では、お酒も扱っております。

今回入荷分は

蒼龍葡萄酒 あじろん 初しぼり

蒼龍葡萄酒 あじろん 初しぼり

赤、やや甘口に思いました。
契約栽培のアジロン(という品種だそうです)葡萄を100%使用。完熟すると特有な芳香を発し、ワインになるとこの香りが素晴らしく、豊かな香りに渋みと酸味とほのかな甘味のバランスが良いそうです。


蒼龍葡萄酒 甲斐路 初しぼり

蒼龍葡萄酒 甲斐路 初しぼり

白、こちらもやや甘口かなー。

大房系白葡萄の王様として知られている甲斐路葡萄のワインは、おだやかな酸味と華やかな香りを持つワインで、大変飲みやすいやや甘口の味わいだそうです。


いずれも12本づつの限定入荷です。
つるひさ | permalink | - | - | △TOP |
bure君の「ぶれ海苔」入荷です
bure君の「ぶれ海苔」入荷です。

先日から店頭ではご案内していたのですが、有明海で海苔養殖を営んでいる古賀君の海苔です。

CA380382.JPG

ちなみに「bure」君てのは、彼のネット上の名前。本人いわく上がり症。天然テンパリスト、とのことです(笑)


皆さん、普段なにげなく食べている海苔。海苔というと「板海苔」が思い浮かびますが、それがどうやってできているかご存知ですか?
私も彼に聞くまでは知りませんでした(笑)

養殖方法はすっ飛ばします。まあ、大体みなさんなんとなーくご存知かと。

「山本山」のサイトがきれいに紹介しています。

この摘んだ海苔。ほそいひも状になっているのですが、これをミキサーにかけます。そして、どろどろになった海苔を広げ機械で乾燥、基本的にはその日のうちに、遅くとも3〜4日以内には製品に仕上げてしまうそうです。

出来上がった板海苔は一定数量にまとめられ、せりにかけられて製品化、皆様のお手元に届きます。秋から冬にかけての繁忙期は、一日数時間の睡眠時間で海に入り収穫から加工、出荷まで一貫してやりこなすのが海苔養殖業です。


今回、彼の海苔はこのミンチにかける手前の状態のものを乾燥、そのまま焙煎してもらいました。焙煎したため、色味は緑っぽく、まるであおさのりのようですが、風味は格段に向上しております。また、ミンチにかけないため、旨み、栄養分が流れ出るとこなく、美味しい海苔に仕上がっていると思います。


これからの季節、きゅうりと春雨の酢の物とあわせたり、納豆と一緒に、ラーメンやチャーハン、焼きソバの上にといかがでしょうか。

ちなみに海苔の生産枚数は、佐賀、福岡、熊本で全国TOP3を占めています(平成20年度)

それも、有明の豊かな海があってのことです。諫早湾の干拓、ギロチンの開門とゆれる有明の海ですが、どうかこの恵みが続きますように、と祈るばかりです。

出水の古賀さんのように、無酸処理、手干し、天日乾燥とまではなかなかこだわれませんが、きっと将来、彼がやってくれると思います、とここでプレッシャーをかけておこう(笑)

どうぞ、よろしくお願いいたします。
つるひさ | permalink | - | - | △TOP |
「食卓の向こう側」がコミックになりました
こんにちわ。産直や蔵肆です。

2004年4月に第一部が発行された、西日本新聞のブックレット「食卓の向こう側」シリーズ。シリーズ全体で50万部を突破、という大きな反響を呼んだ連載が、コミックになりました。

食卓の向こう側コミック版


作画は魚戸おさむさん。「家栽の人」や「「イリヤッド 入矢堂見聞録」」などビッグコミックオリジナル(小学館)の連載でおなじみの方も多いかと思います。

内容はこれまでの連載を駆け足でまとめたもので、情報量としてはやはりブックレットシリーズのほうが勝っているとは思います。が、やはり読みやすさ、親しみやすさですと、若い方はコミックス版のほうがやはりいいのかなあ?ぜひ、手にとってご一読くださいませ。

「食卓の向こう側 コミック編・1」
作画:魚戸おさむ
原作:佐藤弘・渡辺美穂

発行:西日本新聞社
定価 1000円(税抜952円)
ISBN978-4-8167-0737-7
つるひさ | permalink | - | trackbacks (0) | △TOP |
たまごが変わりました
こんにちわ。産直や蔵肆です。

蔵肆で扱っておりますたまごの生産者が変わりましたので、お知らせいたします。

栃木県芳賀郡の「生命農法研究会」
高橋さんの「丈夫卵」を取り扱わせていただきます。

鶏の食事メニューは、とうもろこし、いわしの魚粉、小麦、カキガラ、貝化石、ふすま、乾燥牧草などです。遺伝子組み替えの飼料、抗生物質、ワクチン、ビタミン剤の使用などを一切せず、野性的な生命力を求めていらっしゃいます。


http://www.seimei-noho.com/g_keiran.html


鶏の食事メニューは、とうもろこし、いわしの魚粉、小麦、カキガラ、貝化石、ふすま、乾燥牧草などです。遺伝子組み替えの飼料、抗生物質、ワクチン、ビタミン剤の使用などを一切せず、野性的な生命力を求めていらっしゃいます。

毎週月曜日の入荷の予定です(都合により、前後する場合がございます)

これに伴い、甘木の平井さんの卵は、取り扱いを終了させていただきました。長い間、ご愛顧ありがとうございました。

雲仙普賢農場の卵は、これまでどおり入荷の予定です。こちらも、あわせてよろしくお願いいたします。
つるひさ | permalink | - | trackbacks (0) | △TOP |